女性はなぜ「男同士のラブストーリー」にハマるのか?

女性がハマる「男同士のエロチックロマンス」というジャンル

「きっとオレの武器のほうがおまえのよりも大きいぜ」。
警官はこんなジョークを飛ばしながら、若者に見えるように、自分の警棒を持ち上げた。
太い警棒だ。30センチを軽く超えている。警官はその棒の先にツバを吐いた。
「こいつをおまえのなかにぶちこんでやる」若者は棒を見つめながら、恐怖のうめき声を上げた。
「お願いですから、かんべんしてください。無理ですって……」。

若者は弱々しく首を横に振った。警官は、若者の木綿の薄いブリーフをグイッと引っぱった。
重量級のペニスとタマが飛び出した。「おまえの、太くてすごいじゃないか。タマもフル装弾だぜ」
警官はうめくようにこう言って、若者の装備に目がくぎづけになった。

エロチックロマンスのサブジャンルのなかでは、「男と男のラブロマンス」がもっとも大きな成長を見せている。
こういう小説は、10年前には存在しなかった。少なくとも売り物のなかにはなかったはずだ。
しかし今では、大手のロマンス小説出版社が、こぞって男同士のラブストーリーの出版に乗り出している。
エラステス、クリス・オーウェン、クレア・トンプソン、ルース・シムズといった作家たちは、男のヒーローが2人登場し、ヒロインが登場しない小説を書いているが、そうした小説は女性をターゲットにしている。
たまには2人きりの空間で楽しみたい。自分が好きな空間で好きなように楽しむとしたら大宮のSUPERデリヘルで。大宮でもトップクラスに可愛い女の子がたくさん集まるオススメのエリアです。
この近辺では難波よりもお店の数は多いのが、日本橋は巨大な風俗街だそうです。この間友達に連れられて初めて行ったのですが、奇跡的にナンバーワン嬢とプレイすることが出来ました。とても良い経験になりました。


新着情報
2014/12/03 Recommendを更新しました。
2014/11/29 新着記事を更新しました。
2014/11/28 スラッシュ小説を更新しました。
2014/11/25 スラッシュ小説が女性に与える効果を更新しました。
2014/11/23 男と男のエロチックロマンスを更新しました。
2014/11/21 女性が書いた男同士のストーリーを更新しました。
2014/11/20 女性がハマる「男同士のエロチックロマンス」というジャンルを更新しました。
2014/11/17 ホームページをリニューアルしました。

注目サイト
FU-TOWN風俗特報ナイトライフ
日本全国の風俗店情報を全て無料でご覧いただけます。風俗店割引情報! 首都圏のソープランド、SM、サロン等をご紹介!風俗リンク集と地域密着型風俗情報サイト